上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





web拍手 by FC2

← よろしければ応援おねがいします


ある頃から、植えたイチゴのうちの一株が

やたらに生長するようになった。

病気か何かが原因で、

その株だけ変に勢いが良くなったのだ、と思っていたんだけど、

それを見た親戚から

「これ、イチゴじゃない」 と指摘され

そこで初めて 勘違いに気付いたのだった。

その植物を引き抜いてみると

その下には 枯れてしまったイチゴの株が・・・・。

 

秋が近づき、栗林やその向こう側の草刈りも始めて

向こう側を刈っていた時に、あの時のと同じ “葉” を見つけた。

 葉

葉の形といい、つるを触った時の指に引っ掛かる感じといい、

イチゴを枯らしたあの植物だ

 

今 その植物は、こういうをつけて その辺りに繁殖している。 

 実

ホップの仲間で “カラハナソウ” という植物。

                   (カラハナソウについてはこちら)

去年も見て、この辺りに自生しているのは知っていたが、

これが犯人だったとは。

 

ちなみに、

ホップの代わりに カラハナソウでビールをつくってみた人の話。

 「ビールはつくれたけど 美味くなかった」 そうです。

スポンサーサイト





web拍手 by FC2

← よろしければ応援おねがいします



コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。