上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





web拍手 by FC2

← よろしければ応援おねがいします


1日は夕方から “ぼたぼた” と濡れ雪が降り始め、

アンテナに積もった雪のせいで、テレビは観られたものでなかった。

1日の夜、少し外出し 家に戻ってきたのは午前1時半。

2日の朝は10時頃まで眠っていた。

目を覚ますと、家の中はいつもより静かで

ひとり遅くまで寝ていたことに対する “冷たさ” と、感じた

 

 

昼過ぎ、家族と話をして

この日の朝の “出来事” を知った。



前日降った雪は道路にも積もり、除雪車も出動した。

家の前にはが流れていて、それは雪を流して捨てるのにも使う。

上(かみ)から流れてきた雪の塊が、

家の前ので詰まり、の流れが遮られた。

上からどんどん流れてくるは から溢れ出し、

家の車庫へ流れ込んだ!

そして更に 棟続きの倉庫の中へも!!

 

ここまで聴いて、

『倉庫に置いてあった物は全て駄目になったのか?』

心配になった。

 

 

倉庫の入り口脇には狭い地下室があり、

流れ込んできたは そこへ流れ落ちていったのだそうだ。

おかげで、その先に置いていた荷物や野菜などは濡れずに済み、

無事だった。

詰まった雪をスコップで砕き、細かくして流したりするのを

向かいの家の人も手伝ってくれたという。

実は、消防車も駆けつけて来たらしい。

         着いた時には既に “災難” は片付いていたそうだが。

 

 

そんな事が起きていたとは・・・。

年明け早々の “災難” だった。

スポンサーサイト



web拍手 by FC2

← よろしければ応援おねがいします



コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。